DSC_0021_edited.jpg
 

​​事業内容

大規模酪農

以前は力作業の多かった酪農も、 現在は機械化 が 進んだことに伴って 省力化や業務効率化が進歩しました。友夢牧場 では搾乳の作業効率を上げる ため、52頭の牛を一度に搾乳できるミルキングパーラーを導入しています。また牛の個体別データをクラウド上で管理するファームノートを導入し、歩数計、反芻計、搾乳量、発情管理や個々のメディカルデータを管理することで、トラブルなどを未然に防ぐことが可能になりました。これらの機械化が今ではメガファームを超える、ギガファームとして友夢牧場の事業全体を大きく支えているのです。

日の出の牛
DJI_0076_edited.jpg

バイオガス発電

飼育している牛などから出た排泄物を集積し、発酵により発生したメタンガスをガスエンジンの燃料として利用し、発電機を稼動させることで電気を生み出します。残った消化液は良質な肥料となるため圃場に還元し、効果的に再利用することで、化学肥料を削減した循環型農業に貢献することを目指しています。そして、発電過程で出る熱エネルギーを活用し、ハウスではメロンを栽培し新たな酪農の可能性と、地域貢献を追究する事業の一つとなっています。

水耕メロン栽培

友夢牧場では、エネルギーの地産地消を目指し循環型農業で地域に貢献したいという思いから、メタンガスを燃料とするガスエンジンの排熱を利用した、道内の牧場では唯一、メロンの水耕栽培を行っています。ここで作ったメロンは、地元の学校給食にも提供しております。メロン栽培事業を通じて、今後もより一層地域に貢献していきたいと考えています。

IMG_2136.JPG
 
 
 
 

有限会社 友夢牧場

〒081-0035 北海道上川郡新得町上佐幌基線108番地4

電話 0156 69 6006

FAX 0156 69 6006

  • Facebook
  • Instagram
IMG_1748_edited.jpg