憧れの地で、酪農に挑戦

ジブリの世界に憧れて

子供の頃に観た「となりのトトロ」のワンシーン。
私が北海道を選んだのは、そんな心の原風景と重なる景色がそこにあったから。
子育てをするなら絶対に、十勝の大自然の中を生で子供達に味わわせてあげたい。
だから私は、豊かな自然に囲まれた場所にあり子育ても楽しめる、友夢牧場を選びました。

Farm 2
IMG_4593_edited.jpg

いくつもの牧場を見てきたからこそ

友夢牧場に巡り会う前、道内でいくつかの牧場勤務を経験しました。
規模の小さな牧場や、大規模への過渡期の牧場、そして大規模酪農に成功している牧場など。
どの牧場の仕事もやりがいを感じたし、やはり、どの牧場でもそれぞれに長所短所があることを知りました。
そんな中で私が一番に大切にしたかったのは、家族との時間。
シフト制で休日希望が通りやすい友夢牧場の働き方は、そんな私にぴったりでした。

専門性を高めたい方にも!

酪農の仕事は奥が深いです。
中でも私が担当する餌の仕事は、最も重要な仕事の一つ。
乳成分と乳量を安定させるために、その日の天候に合わせて最適な飼料を配合する必要があります。
飼料はバンカーによって栄養価が変化しますし、温度や湿度など牛に影響を与えるパラメーターは複数あり、最適解を導き出すのは容易ではありません。
もちろん、今は機械に数値を入力することで計算も可能ですが、牛の体調を見極めて最適なタイミングで給餌するのは経験と勘に頼るところも大きいです。
働きやすさだけじゃなく、やりがいも強く感じています。

IMG_4556_edited.jpg
 
IMG_4529_edited.jpg

尾崎 祐介

大阪府出身
20xx年 友夢牧場 入社